読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パル

はい

はい

僕はチャーハンがパラパラしているのがとにかく好きで、パラパラ感を重視したレシピをインターネットであれして検証などしました。その結果、いろいろあったので再構築しました。なおテフロンのフライパンでないと死にます。

まずやることは卵です。めし200gにつき卵1個が普通っぽいです。僕は2個使いますが好みです。写真では検証のため湯に浸けて温度を上げていますがやる必要ないです。冷蔵庫から出して即使って良いです。 (追記)卵はあまり少ないと米粒どうしがひっつく要因になる

f:id:negineesan:20140429145157j:plain

 

白身をよく切った溶き卵にしておきましょう。この段階で味をつけても仕上げ段階ではそんなに効いてこないので、別にいいんじゃねーかというのがあります (追記)どっちでもいいと思う

f:id:negineesan:20140429151040j:plain

 

今回はニラ納豆チャーハンでした。プレーンの場合はここは無視してよいです。刻んだニラと納豆を油で炒め、仕上げに醤油を回しかけます。 (追記)醤油をかけた後はフライパンにかなりこびりつくのでとっととフライパンから上げてしまったほうが良い

f:id:negineesan:20140429150336j:plain

 

追って合流させるのでとっておきましょう。

f:id:negineesan:20140429150551j:plain

 

白米です。どのようなコンディションのめしが良いのかということについて諸説ありますが、僕のレシピでは割とどうでもいいです。ただ固めの方がいいと思います。そしてめしを以下のように設置します。また、この辺りでフライパンの加熱を弱~中火で始めておきましょう。 (追記)固いほうが明らかに有利

f:id:negineesan:20140429150921j:plain

 

冷水をぶっかけながら、手で飯の粒をバラバラにほぐします。

f:id:negineesan:20140429151104j:plain

 

水をきります。

f:id:negineesan:20140429151140j:plain

 

めしをボウルに移し、サラダ油を大さじ2とか、好みでもっと多く投入し、油膜で飯粒1つ1つをコートするイメージで混ぜます。あまり長時間やると粘るのでサクッと。

f:id:negineesan:20140429151217j:plain

 

ただちに溶き卵をイン。

f:id:negineesan:20140429151248j:plain

 

さっとまぜる

f:id:negineesan:20140429151306j:plain

 

既にフライパンがある程度熱くなっているはずなので、全開の強火にして投入します。米を洗ってからここまでの工程はなるべく素早く。

f:id:negineesan:20140429151324j:plain

 

米粒を潰さないように、全体を混ぜながら加熱していきます。鍋が充分に熱くなったら火を少し弱めてキープ。全開のまま最後までいくと死にます。 (追記)チャーハンとしては長丁場なので、米粒内部の水分を適切に飛ばす前に表面が焦げてしまわないような火加減にする。

f:id:negineesan:20140429151412j:plain

 

しばらくやっているとアホみたいにパラパラになってきます。米粒のテクスチャは大まかに「ぶよぶよ」→「ふわふわ(ジャスト)」→「ぼそぼそ」のように推移します。適宜つまんで様子を見ると良いです。ジャストに入ったら、プレーンのチャーハンであれば後は味付けして完成。

f:id:negineesan:20140429151727j:plain

 

今回はさっきのニラ納豆を投入。ニラ納豆以外でも、何か具を入れるならあらかじめ調理した状態でストックしておいてここで投入です。

f:id:negineesan:20140429151754j:plain

 

異常にパラパラなので振れば勝手に混ざります。このレシピは加熱の序盤に鍋を振る意味がないし、パラパラになってから鍋の高温を維持する必要もないので、この段階で振ることについて問題はないと考えます。味を決めて完成。 (追記)味付けの際に醤油を鍋肌にかける派と飯の中央にかける派があり、我々はどうすべきか

f:id:negineesan:20140429151833j:plain

 

はい

f:id:negineesan:20140429152008j:plain

 

うまいうまい。よかったですね。

f:id:negineesan:20140429152022j:plain

 

プロのチャーハンは家庭での再現が設備等の問題で困難ですが、それでも何とかパラパラ感を最優先事項として実装したいという方には是非おすすめしたい次第です。とにかくチャーハンの我流レシピというのは各自いろいろあるので揉めるんですが、僕はこうです。おわり 

f:id:negineesan:20140429153254j:plain