パル

はい

はい

なんかグロ画像注意にせよという空気がありましたのでグロ画像注意にします。グロ画像は薄目で見て下さい。

これはの仕事場です。僕が作る食事のほか、作業中に僕はこのようなものをずっと食べています。腹が少しでも減ったり、食べるものがなくなるととても不安になります。食べ物はとてもおいしく、どんどん食べる気持ちになります。

f:id:negineesan:20140603140017j:plain

 

砂肝を大量に買いました。包丁を入れて、ニンニクとごま油と塩で揉んで寝かせ、その間に作業をします。

f:id:negineesan:20140603161758j:plain

 

で、松浦だるま先生がこないだサイン会やって、ファンからホビロンを頂いたということで、まあ食うかということになりました。ホビロンというのは中にアヒルのヒナが入っている卵です。

f:id:negineesan:20140603184116j:plain

 

わりと水に浮きます。そういうもんだそうです。

f:id:negineesan:20140603184202j:plain

 

砂肝の炒めと同時進行します。ホビロンは沸騰した湯では割れるらしいので、沸かないよう調整しながら20分ほど茹でます。

f:id:negineesan:20140603184336j:plain

 

はい

f:id:negineesan:20140603184744j:plain

 

うしろにサイン会で頂いた花が写っています。

f:id:negineesan:20140603185820j:plain

 

はい

f:id:negineesan:20140603190606j:plain

 

1人ノルマ2個です。次の写真からグロくなります。

f:id:negineesan:20140603190959j:plain

 

卵の尖っていない方をスプーンで叩き割るとこのようなものが現れます。いわゆる薄膜に血管が走っている様子です。ので、薄皮をはぐと血管ごと剥がれます。汁気はあまりない。

f:id:negineesan:20140603191155j:plain

 

白身に血管の走行跡が見られます。黒いのはヒナの羽毛です。全体に、おでんの卵からダシを抜いた匂いがします。生臭いというか冷蔵庫というか、わざわざ嗅ぐものではないなという匂いです。

f:id:negineesan:20140603233047j:plain

 

眼っぽいのがあります。眼でした。暑さもあり、このあたりでだいぶテンパっていたので眼の詳細は記録していません。眼は2個ありました。腸みたいなのも見えます。

f:id:negineesan:20140603191924j:plain

 

黄色いのは卵黄です。さきに白身と卵黄を食いました。茹で卵の味だと思います。

f:id:negineesan:20140603192011j:plain

 

本体です。

f:id:negineesan:20140603192403j:plain

 

なんというか、ようするに小さい鳥が丸まっています。味は、やる気のない鶏肉という感じです。先の微妙な匂いが気になるのと、こういうものを僕はあまり得意ではないので現実感を喪失しました。人間を食うほうがまだマシです。あれは匂いもなかったし、、

f:id:negineesan:20140603192442j:plain

 

これは2個目です。

f:id:negineesan:20140603193533j:plain

 

生姜醤油でおいしく食べられますが、茹で鶏を食べればよいのでは??となりました。

f:id:negineesan:20140603192521j:plain

 

僕とメキシカン忍者氏は2個ずつ食って、松浦だるま先生は0.5個食ってから精神が崩壊し、白米に塩をかけて食ってました。大変でしたね。

食ったあと、僕に与えられた作業が技術的に非常にシビアなものだったのですが、ホビロンを食うのに比べたらマシという感じで、気持ちでやっていくことができました。よかったですね。

ここで、僕と松浦だるま先生の関係の話をしましょう。

僕はねぎ姉さんのようなweb漫画をシコシコ描いていて、それはまったくもって儲かっていないのですが、コアな読者諸氏がいたりします。昨年ねぎ姉さん8周年記念飲み会というのをやり、その際にイブニングでデビューする前の松浦だるま先生が来ていて、ようするに僕の読者なのですが、今度デビューするんですへえよかったですねみたいな会話をしましたところ、その直後に手に負えないほど偉くなりました。このようなことはよくあります。こうして人間の精神というものは終わっていくのですが、その一方で松浦だるま先生はずっと1人で累を描いていて進行が超絶やばいみたいになっていました。あの描き込みでソロとかマジ頭おかしいですからこのままでは死にますね僕にやらせましょういい仕事しますよっつーか金ないんです、という感じで営業をかけたところ、しょうがないにゃあとなり、現在の境遇になっています。僕は性格がクソなので、調子こいて好き勝手できる仕事場では大変いい仕事をしますし、現在は大変いい仕事をしています。松浦だるま先生は僕がクソ動画を流したり異常な料理を作って食わせたりするので大変だと思います。よくtwitterに僕の悪行が発表されますが、あれはサボっているのではなくて、僕が背景を描くのが速過ぎて隙間の時間が生まれているだけです。あとメキシカン忍者氏もいつの間にかいました。松浦だるま先生はメキシカン忍者氏の漫画も好きだからだと思います。そして僕とメキシカン忍者氏の周りには異常な人達がいて、累の風評に不具合が出たりします。よくありませんね。このようにして松浦だるま先生が中年男性に福祉を与えるという不思議なオフィスDというものが存在しています。

あ、以上です。

広告を非表示にする