読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

パル

はい

めんつゆ うに丼 絹かけ丼

こんにちは。まずはめんつゆの説明からします。

 

厚削り節をいちど沸かしてアクをざっくり取ります。

f:id:negineesan:20160609090356j:plain

 

ビンに詰めます。

f:id:negineesan:20160609090644j:plain

 

限界まで熱くするためAnovaくんが本気を出します。数時間やります。

f:id:negineesan:20160609122418j:plain

 

煮詰めないので香ばしく澄んだダシが取れます。これが正しいのかは知りません。

f:id:negineesan:20160609134843j:plain

 

ダシにかえしを1/3量加え、加熱したり冷ましたり加熱したり冷ましたりしてめんつゆが完成します。

f:id:negineesan:20160609152925j:plain

 

羅臼の塩水うにが届きました。エゾバフンウニです。人に渡す分も含めて600gあります。

f:id:negineesan:20160610092607j:plain

 

飯を炊きます。やや固めに、料理酒をごく少量加え、昆布を1片

f:id:negineesan:20160610205649j:plain

 

めんつゆを薄めたものを餡にします。

f:id:negineesan:20160610202852j:plain

 

湯葉も自作したかったんですが適切な豆乳が近場になかったので購入

f:id:negineesan:20160610202830j:plain

 

うに丼の分の飯を酢飯にします

f:id:negineesan:20160610205834j:plain

 

というわけで本番です。

f:id:negineesan:20160610210025j:plain

 

このようになっています。皆さんは、このようになっていますか?

f:id:negineesan:20160610210125j:plain

 

猫が鳴いています。鳴きすぎ


うに丼が完成しました。

f:id:negineesan:20160610210410j:plain

 

空気に触れると即劣化が始まり、ちんたら食ってると味が変わるのでとっとと食います。

f:id:negineesan:20160610210439j:plain

 

あーうまいうまいうまいうまいうまいうまいうまいうまいうまいうまいうまいうまい

f:id:negineesan:20160610210527j:plain

 

で、続きがあります。酢飯ではない飯をこちらに用意します。

f:id:negineesan:20160610211619j:plain

 

先ほど作った餡をぶっかけます。

f:id:negineesan:20160610211656j:plain

 

湯葉がもっときっちり膜になってるかと思ったら曖昧で、とにかく広げます。

f:id:negineesan:20160610212057j:plain

 

うにをぶちこみ生湯葉でとじるのですが、量が量なので不可能です。

f:id:negineesan:20160610212224j:plain

 

これをさらに餡でかぶせ、わさびを添えて完成。これはオリジナルがあって、絹かけ丼というのですが、やってたが消滅してしまいもう食えません。なければ作る気持ちが大事です。早速いただきましょう。

f:id:negineesan:20160610212342j:plain

 

食べた途端予想以上にうますぎて頭がおかしくなり「なんだこれは」「どういうことだ」「おれはもうだめだ」など口走ります。

f:id:negineesan:20160610212425j:plain

 

そして、黙ってしまいます。人体には謎の感謝が発生し鳥肌が止まらなくなります。

f:id:negineesan:20160610212401j:plain

 

やがて時間がとまり、自分をやや後方から俯瞰するもうひとりの自分がいることがわかり、全クリしてしまいました。

f:id:negineesan:20160610212542j:plain

 

本当に旨いものを食うと笑う事例がありましたが、泣きに傾くものもあるということが判明しました。

f:id:negineesan:20160610212854j:plain

 

また来年これを食うために生きてゆかないといけないな、と思いました。

- おわり -